顔が可愛すぎてコンユにゲイ疑惑を持たれたカン・ドンウォン!

コンユと言えば、新感染ファイナルエクスプレスですが、その続編「新感染半島・ファイナルステージ」を担当したカン・ドンウォン。40歳にしては童顔でコンユにゲイだと疑われていたとか。今日は彼のプロフィール・おすすめの出演作品・人柄などを紹介します!


新感染ファイナルステージ

カン・ドンウォン
1981年1月18日生まれ 釜山出身
趣味 おいしい店巡り 木工 音楽鑑賞 ネットショッピング 運動
デビュー2003年MBCドラマ「위풍당당 그녀」(威風堂々の彼女)

デビュー初期は演技の評価が良くなかった

モデル出身で9~10頭身とも言われるスタイルを持つカン・ドンウォンでしたが、初期のころは演技がぎこちないこともあったようです。
そんなこともあったからか、演技に集中してからは年に1,2作品の映画に出演するように努力しています。人気のある俳優が映画に出て人気が出たらCMのほうに集中して出演は2,3年休むのが常だったところですが、彼は作品に集中するためCMを断っていることもあったそうです。

出演作

2004年「彼女を信じないでください」「オオカミの誘惑」
2005年「デュエリスト」
2006年「私たちの幸せな時間」
2007年「あいつの声」「M」
2009年「チョン・ウチ時空導師道士」
2010年「義兄弟」「超能力」
2011年「Love for sale」
2014年「群盗」「どきどき私の人生」
2015年「プリースト 悪魔を葬る者」
2016年「隠された時間」「マスター」「華麗なるリベンジ」
2017年「1987,ある戦いの真実」
2018年「人狼」「ゴールデンスランバー」
2020年「新感染ファイナルステージ」
2021年「ブローカー」(是枝裕和監督作品)


気づいてみればほとんどの作品を見ていました。「チョン・ウチ」は韓国の映画館で見た思いでもあるし脇役の俳優さんも個性的なのでおすすめです。すこしグロくてもいいのなら「プリースト」でのキム・ユンソクとの共演も見どころです。ソン・ヘギョと共演した「世界で一番愛しい君へ(どきどき私の人生)」は感動したなぁ。ポッドキャストでも取り上げていますので興味のある方は聴いてみてくださいね。

日本語が少しできるそうなのですが、日本人の友達と話していたら話せるようになったとか。モノチューブというYouTubeチャンネルでカン・ドンウォンと友人たちという動画の中で友人である松井征心(デザイナー)という方が一緒に出ています。
https://youtu.be/Qee3RrP9U6M

常に作品に集中する姿勢に感心

初期のころはトーク番組にも出ていたのですが、映画の広報ではない限りテレビ番組の露出が極端にありません。過去に自分で誕生日パーティー兼ファンミーティングをやったことがあるそうですが、プレゼントはもらわず寄付するように参加したファンに言ったのこと。漫画家の東村アキコ(海月姫などの作者)さんがカン・ドンウォンのファンだと公言しており、ファッション雑誌SPUR(2013年7月号)でカン・ドンウォン特集の際に直接会ったことを漫画にしています。「バガボンド」「ワンピース」を読んでいるとか。

11年ぶりにニュース番組に出演(2015年)

めちゃくちゃ緊張しているのが分かりますね。アナウンサーからの質問で「自分を商業的な俳優と見るか、芸術的な俳優と見るか」との質問に控えめではありますが、「自分が映画を撮っているわけではないので、監督や観客をがっかりさせないようにしたいと思う。なので商業的な俳優と考えています」と答えています。質問もしょうもないとか思いましたが、映画製作に関わっている人たちのことや、映画を見た人たちのことに配慮しながら話しているのが分かります。
この番組で天気予報を少し読んだのですが、めちゃくちゃ緊張したのか放送中に頭を抱えていますww

頭を抱えるカン・ドンウォン

いくつかの動画を見て料理が得意だったり、ギター弾いたりして器用な面もあるのですが、恥ずかしがり屋なところもあってカン・ドンウォンの作品はこれからも注目です!!
書ききれない部分もあったので、そこはポッドキャストで話したいと思います!


읽어줘서 고마웠습니다!
この記事が参考になったらSNSでシェアお願いします!

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください