前から気になっていたのですが、今年バンコクに行った時にレンタルwifiを安いプランで借りましたが、すぐに1日の通信容量を超えてしまって追加の通信量を購入して1日二千円ぐらいかかってしまっていました。

今回、費用を抑えられてとっても役に立ったのがフリーシムでした。

10日間の旅行で通信費を六千円ぐらいに抑えられたので、いつも海外旅行のwifi代が気になるなぁという方は必読です!


なるべくデータ通信を使わないようにしてる工夫は?

①アプリの通知を全てオフ
アプリは立ち上げなくてもバックグラウンドでデータ通信をしてるそうなので設定で通知をすべてオフにします。こうすると電池も意外と持ちますね

②写真、ビデオのクラウド保存をオフ
落とし穴なのがこれ。旅行で一番使うのがカメラアプリだと思いますが、私の場合は自動でiCloudやグーグルドライブに保存されるようになっています。旅行の間は一度オフにします


フリーシムは現地で買う?

事前にAmazonでも買えます。

ちなみに買ったのはこちら

シャルルドゴール空港のカウンターでも売ってるのを見ましたのでヨーロッパでは定番のSIMなのかもしれません

私は普段ノートパソコンを持ち込んでカフェなどで作業することもあるのでwifiルーターを持っているのですが日本の携帯のSIMを差し替える場合、SIMフリーにする手続きが事前に必要みたいです

UQWIMAXの機器は基本SIMフリーなので設定すればすぐ使えるようになりました

参考にしたブログはこちら↓

WiMAXってどうなの?

色々細かく書いていただいてます。
要点だけ言うと、wimaxのルーターに他のSIMを差して使う場合、機器側で設定が必要ということみたいです。

フランス到着後、この通りにやって問題なく使えるようになりました。

10日間ぐらいになると移動も多くなって地図アプリを開いてる時やApple MUSICでスマホにダウンロードしてないのを聴いてた時は通信量が意外と多く使ってたなと思いました。この辺は次回気を付けたい点でしたね。

海外旅行で入れといて損はないアプリ3選!

maps.me

GPSなのでオフラインでも現在位置が表示されます。

長距離の移動中に自分の降りるところを間違えたくない時、wifiが入りにくいところなど現在位置に使っていました。結構正確です。

また、このアプリは必要な国の地図をダウンロードする必要があります。

日本で先にフランスの地図をダウンロードしておきました。

uber

ロサンゼルスなどで使った時はめちゃくちゃ安くてびっくりしたのですがフランスはタクシーより少し割安と言った感じでした。

海外に行った時は現地の人の家にお邪魔することも多いのですがGoogleマップで連携しているので地図で経路を検索した時にバスや電車と比較ができて良いですね。

dijonとbeauneではuberのドライバーは走っていませんでした

カンヌ、マルセイユ、プロヴァンスではuberが使えました。

個人的にはタクシーの車種よりも毎回違う車種を楽しみにしています。

ベンツとかレクサスで来るとちょっと嬉しいですよね?

Oui.sncf

良くフランスに行く友人から教えてもらったこのアプリ。フランスの各都市を電車で回りたい人にはちょーオススメです

アプリで支払い用のクレジットカードを登録するといつでも好きな時に電車の検索ができてチケットが買えます

駅の改札や電車内でチケットを求められた時は購入したチケットのQRコードを出せばOKです。


おかげで楽しい旅行になりました!次回は南仏旅行で感じたことなど記事にしてみます

Leave a Reply

Your email address will not be published.

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください