たった80単語!読むだけで英語脳になる本というのがありましたので、日本語、英語、韓国語のトリリンガルである私が80単語を韓国語でやったらどうなるかを検証してみたいと思います。
日頃、韓国語は難しいと感じているあなたにもお役に立てれば幸いです

vol.2はこの単語


뛰다 走る・跳ぶ

意味
1,走る、駆ける
2,跳ぶ、弾む
3,(順番などを)飛ばす
4,(驚き・恐怖・興奮などで胸が)踊る、どきどきする
5,(値段などが)急に上がる、跳ね上がる

日本人ならちょっと考えることがあるのですが(私だけ?)「走る」と言いたいときは「走る」という単語を使えばいいし、「跳ぶ」と言いたいときは「跳ぶ」という単語をつかえばいいじゃない!
ただ、この点が日本語の単語数を増やしている理由かもしれませんね。英語と同様に韓国語の単語数が少ないのは一つの単語に複数の意味がある単語が多いので難しいと勘違いしてしまうのかもしれませんね。
まぁそれはともかくとしてこの「뛰다」ですが、跳ぶ・弾むというニュアンスから派生している意味・連結語が見かけられますね。
가슴이 뛰고 있어요 (胸がどきどきしています)
뛰어 나다 優れている。目立っている。
쌍디귿のㄸ 発音としては難しいことは抜きにして大きい声でトゥッと言えば思ったより通じます

トゥィダ

こんな感じですw

この記事が役に立ちましたらSNS(Facebook、Twitterなど)でシェアお願いします!

Leave a Reply

Your email address will not be published.

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください