韓国語を勉強するにあたって韓国語のテキストをどうしよう?と思っていませんか?
今日はあなたにあった最適なテキスト選びとは何か考えてみます


韓国語をなぜ勉強しますか?

え〜そんなの話したいからに決まってると思うかもしれませんが、まぁまぁ
いや何となく分かるんだけど基礎から勉強したい。そんな人もいるかもしれません

ぶっちゃけテキストはなんでもいい!

ここだけは抑えておきたいポイントがあります
同じシリーズ・著者で「中級編があること」

これ意外と大事です

ブログ記事「韓国語が難しくない3つの理由」でも書きましたが日本人にとって韓国語学習の最大の壁は「ハングル・発音」なんです!

文法・語彙その他は中級にいけば行くほど易しくなるっていう、誰も信じてくれない理論があてはまるのが韓国語学習ですㅋㅋㅋ

いや〜これ本当わかってほしいな。初級でつまずいている人は「初級でこんなに大変なのに中級なんかやりたくない」って思う人多いんですよね

でもでも、中級の文法・語彙のほうがより自然な会話にぐっと近づくものも多く

「え?これで終わり?」って感じです


まず始めに選ぶテキストはこれ!

基本テキストは文法・単語積み上げ型になっています。このタイプのデメリットは

結構めんどうくさい

なぜかっていうとしょっぱなからハングルの発音とか発音の変化とかハングルの読み方とか

基礎の嵐!

日本人は結構真面目なのでここをしっかり覚えようと思って疲れちゃう

疲れたら諦めよう!w

何度も後でハングルとか発音の変化とかパッチムとか面倒なのはこれから何度も出てくるので面倒だと思ったら「適当に覚える」これが一番
なんでかって?あなたの目標は「話すこと」ですよね?

いくつかのテキストを紹介しますね。書店とかでは数が少ないことも多いのですがシンプルそうなものを選んだほうが良いです

基礎から学ぶ韓国語講座(初級)

王道中の王道とも言えるテキストです。テキストの会話のCDも付いてますし中級編もしっかりあります。

できる韓国語初級(1)新装版 CD BOOK

書店でよく見るのはこのテキストです。新大久保語学院が出しているだけあってシェア国内ナンバーワンとか。ただ書店も韓国語のテキストを置く時に無難なものを置いているだけなのでいいかどうかはシェアナンバーワンというだけで信用しない方がいいです。めちゃめちゃ時間をかけて勉強できる人には良いかもしれません。初級は1・2と用意してあり、それぞれにワークブック1・2とあります。中級も1・2とシリーズ化されています。ガッツリやると4冊のテキストを選ぶことになりますね。長い!ので時間のない人には向いてません

ゼロからしっかり学べる!韓国語「文法」トレーニング 文法で覚えるのはこれだけ!

韓国人の友達が教えてくれるとか会話のレッスンみたいのをしてくれるって言う方にはおすすめかもしれません。テキストの中の会話って文法を覚えることにフォーカスしているのでどうしても韓国人から見ても不自然な会話が多いんですよね。そういうものを一切飛ばして会話の練習相手がいて会話に集中したい場合は文法を確認できるテキスト1冊あれば十分です

가나다 KOREAN for Japanese

ソウルに行くことがあったり友達に頼めるならおすすめしたいのがこの本です。日本で買える本は中級までが多く、高級まで同じシリーズで用意されてるのは韓国で手に入る外国人用の韓国語テキストしかありません。カナダ韓国語学院はソウルでも有名な語学院ですね。
短期語学レッスンなどもやっているので、私も機会があれば高級の授業でも短期で受けに行きたいところです。初級は1・2とありますが2までやるとほぼ中級前半まで勉強したと思っていいでしょう。ワークブックはありますが、必要はないと思いました。このテキストのデメリットは・・・結構デカイ!ですw 持ち運びには不便かも・・・


テキストは見やすいものを選ぼうとか色々と基準はありますが、結論あなたがどう勉強するかにもよりますし、面倒な部分とかは全然飛ばしてあなたが楽しいと思うところをどんどん吸収していったほうが楽しいと思いますので情報は多いほうがいいのかな〜と個人的には思います。はい(^o^)

Leave a Reply

Your email address will not be published.

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください