0Comments

韓国ドラマ「コーヒープリンス1号店」で覚える韓国語2

なぜか男と間違われたウンチャンでしたが、お金の事情もあってハンギョルのゲイ役をやることになります 契約書を交わすことになるシーンを見ていきましょう! パソコンにウンチャンの個人情報を入力するハンギョル。 名前と住民番号を聞くのですが・・・ 韓国の住民番号は男性と女性で番号の区別を行っています 7桁目の始まりが男性が1、女性が2です ここでもウンチャンは正直に「840805−2371292・・・」と言っています 男だと思ってるハンギョルはそれを聞いて「23だって?」(字幕:それは女の番号だろ) と言って「2」を「1」にして勝手に話を進めてしまいます。 携帯番号などを伝えるときに数字の「0」は공コン(語中ではゴン)と言います 携帯電話の番号080ー・・・だとコンパルゴン・・・ 前回の記事で名前も発音の変化があると書きましたが 数字も同じように変化します ここだと「71」칠 일 チリルと発音します 前半で個人的に好きなシーンがこれ ハンソンとユジュの元恋人が再会したシーン ユジュはDKという違う男と付き合い別れたあとだったんですね ハンソンはそんな元恋人にいらいらしてるわけですが、ユジュのこの一言 보고 싶었다(会いたかった) 正直、揺さぶられますw で、ハンソンも怒って帰ってしまうわけですがやっぱり やっぱりよりを戻します。この二人 「〜고 싶다」は〜したいという意味になりますが過去を表す「었」をつけて「〜したかった」という意味になります。作り方は簡単です。가다 보다 오다 먹다などの動詞の「다」をとってつけるだけです。パッチムの無い動詞の場合は「ゴ」と音が濁り、パッチムのある動詞の場合は「コ」と濁らず発音します 가고 싶다(カゴ シッタ)먹고 싶다(モッコ シッタ) 会話でもよく見られるのが어で終わらず다で言い切る表現です 가고 싶었어 가고 싶었다 何が違うんでしょうか? 다で言い切るときは、比較的話す人の意志が強かったり「〜するぞ」、過去や未来を思って「したなぁ〜」「するな〜」 そんなニュアンスを感じます コーヒープリンス1号店一気に見てしまったので次は何を見ようかな〜と考え中です Amazonプライム会員なら無料で見れますのでぜひ見てみてください 오늘 그만〜
0Comments

韓国ドラマ「コーヒープリンス1号店」で覚える韓国語!

アンニョンハセヨ~ 3日足らずで全話見てしまった韓国ドラマ「コーヒープリンス1号店」ですが、ドラマ中のフレーズをちょっとご紹介したいと思います 前半1話では韓国人でもうぇと唸らせた?w ジャジャン麺にコーラーをかけて食べるシーン 妹のウンセにしつこいミンヨプとジャジャン麺早食い勝負の場面です 勝負を始めるときにホン社長が「スタート」という意味で시작(シジャッ)と言っています 시작하다 始める 始まる ハングル2文字プラス하다は漢字由来の言葉がほとんどこの形なので하다を言わずに使われることもよくあります わざわざなんでこんな簡単な言葉を紹介したかというと 「付き合おう」という意味で使われることもあるからです! 例えばあなたが、異性の韓国人から真面目な顔で「우리 시작하자」(ウリ シジャカジャ)と言われたら「え?何を?」と思わずに「私達 交際を始めよう」と言われていますよ! アイゴーアイゴー ドラマでもこんなやりとりはありますね 男「우리... 시작하자」(俺たち始めよう) 女「(わかってるように)뭘?」(なにを?) 男「우리 사이....」(私達の関係・・・) アイゴーアイゴー 直接的な表現を使う傾向が強い韓国語ですが、立場が違う相手や恋愛となるとやや婉曲な言葉を選ぶこともあります。そこはテキストでは絶対に学べないことでもありました 一気に全話見てしまったのでもう少し次回には韓国語フレーズをご紹介したいと思います! 6月30日新大久保30代以上の日韓交流会!
0Comments

韓国ドラマ「コーヒープリンス1号店」1杯目

Amazonプライム久しぶりに韓国ドラマ「コーヒープリンス1号店」を見ています 個人的に好きなドラマでもあるので改めて振り返ってみたいと思います ドラマ中のフレーズもご紹介しますね 「コーヒープリンス1号店」は作家イ・ソンミ氏の小説です。 ドラマのあとに原作の小説を読んだのですが(もちろん韓国語で)ユン・ウネ演じる主人公のコ・ウンチャンの心情がとても繊細に描写されています 話はそれますが、名前にもパッチムのあとの母音に引っ張られて音が変わります。 윤은헤(ユン・ウネ)も韓国ではユヌネと発音されます 2007年7月2日〜8月27日の期間MBCで月曜火曜の10時から17回にわたり放映されました 11年も前のドラマになるんですね〜 日本でも人気のドラマでしたので観たことがある人も多いと思いますが、ネタバレしないように1話目だけご紹介していきます! ユン・ウネ演じるコ・ウンチャンはテコンドーの師範も努め、妹にしつこい男をジャージャー麺の大食いで負かすボーイッシュな女の子。はじめの1シーンで韓国の銭湯の女子湯に配達に行ったときに男に間違われるシーンでこのドラマをスタートしています コーヒー会社の社長の息子として生まれたコン・ユ演じるチェ・ハンギョルは祖母からお見合いを強要されていました。昔から想いを寄せているハン・ユジュのこともあってなんとかしてお見合い相手が断ろうと考えます。とあるきっかけで自分がゲイであるという設定を思いつきます。金をせびってきたコ・ウンチャンを男と間違え自分のゲイ恋人役をバイトとして頼むのですが・・・ 出演者 写真左 キム・ドンウク(チン・ハリ役)代表作 「国家代表」演技派 写真中 キム・ジェウク(ノ・ソンギ役)東京に住んでいたこともあり日本語堪能 他出演ドラマ「赤と黒」(韓国題「悪い男」キム・ナムギル主演) 写真右 イ・オン【本名パク・サンミン】(ファン・ミニョプ役)このドラマ以降ブレイクした上記二人の俳優のあとに彼も続くはずでした。残念ですがドラマ終了の1年後バイクの事故で亡くなっています。今でもMBCのドラマの公式サイトには彼の悔みの言葉が残されています。「명복을 빕니다」(ご冥福をお祈りしますという意味) イ・ソンギュン(チェ・ハンソン役)ハンギョルの従兄弟。ウンチャンが牛乳配達していた主人。ハンギョルが想いを寄せているハン・ユジュの元彼。ハン・ユジュと後によりを戻す。ドラマ「パスタ」などでも知っている方は多いはず。情熱的に怒鳴ったりする役が多い印象でしたがドラマでは穏やかな人間です 番外編「このドラマが人気があったのは脇を抑えるこのベテラン!」 出演ドラマ・映画は数知れず。韓国ドラマには欠かせません!名前は知らなくても顔を見れば「あ〜この人」っていう人は多いはずw キム・チャンワン(ホン・ゲシク役)だらしないけど芯のある役を演じることが多いこの方。 イ・ハヌィ(肉屋のク役)バラエティに富んだ役をこなします。ドラマ中にちょっとしたミニコントをやらせればこの人の右に出る人はいない!w   ちょっと思い入れの強いドラマなので長くなりそうなので一旦このへんで그만~ ドラマ中の役立つフレーズはほとんどが中級レベルですが、使い勝手はいいのでそれは次回にご紹介しますね〜